こんにちは。
らんぴーちゃんです♪

2019年税理士試験へ向けて書いた記事をまとめます。


2019年 税理士試験へ

◆直前期に突入
税理士試験まで、3か月を切った頃。
やる気に満ちている記事です(笑)
理論を”ぐるぐる音読法”でやり始めたのもこの頃でした。

◆2019消費税法 直前期-1
直前期1回目のテストの後。
まぁ、思ったほど勉強できなかった割に、テストの出来はまずまずだったと。
そんなことを書いています。
ぐるぐる音読法には、かなり初期のころから手ごたえを感じていますね。

あ、ぐるぐる音読法はね。
ただひたすら音読して、理論をぐるぐるまわすことです(笑)

◆2019消費税法 直前期-2
この頃。かなり終わってましたね(笑)
東京でのセミナー受講、ディズニー旅行、千手観音ツアー。
目白押しのイベントで生活リズムも乱れる中、勉強どころではなかったな(笑)
来年はこの経験を参考に、スケジュールを正したいと思います←

◆2019消費税法 直前期-3
この記事は、全国模試でコテンパンに打ちのめされたときに書いたもの。
まぁ勉強が足りないんだからそうなるよね、という感じもしますが。
あまりに出来が悪すぎたおかげで、成績を気にするよりも、”同じミスを本試験でしなければよいのだ”と思えたのはよかったかも(笑)

◆2019消費税法 直前期-4
もはや言葉もなく、ただ”頑張ります…”とだけ書きました(笑)

◆明日はいよいよ…
もうここまできたらね。
最後までやり切りますという決意表明。

◆2019消費税法 税理士試験の感想
TACの解答速報を見て、一応得点を計算して書きました。


ふたつの収穫

まぁ、このように。
ざっと書いてみてもほんとうにぐだぐだな受験生なのですが。

今回、直前期の勉強から、ふたつの収穫がありました。
ひとつは、ぐるぐる音読法。
もうひとつは、万年筆で理論を書いて覚えること。
◇万年筆の記事は こちら

とある方から、「手が覚えるまで書くんだ」という話を聞いてね。
たしかに書くのが一番覚えられる気がするから、やってみようかなって。

そのためにちょっといい万年筆を買いに行きました。
結果それがかなり良かったです。

毎日のようにひたすら理論を書きなぐっていましたね。
この万年筆。いくら書いても疲れないの。
ほんとに。
手が疲れるより先に、集中力が切れます(笑)
それくらい良かったですね。
今後の勉強法に、このふたつは取り入れていきたいと思っています。

さて、2020年は何を受けようかな?
と、そんな記事も書きました。

◇次の科目は…


つづく


みなさんに、たくさんの幸せが訪れますように...♡

----------
ブログランキング参加中。
よかったらクリックをお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ バツイチの暮らしへ

----------
Twitterでこのブログのことをつぶやいています♪
フォロー&コメント喜びます♡
らんぴーちゃんのTwitterはこちら